マンション管理会社に依頼してラクラク経営【家賃収入で生活】

円滑な賃貸経営を達成する

家族

リスクマネジメントとして

日本はタンス預金など自分で現金保有し貯蓄している人が、他の諸外国に比べ際立って多い傾向にあります。銀行預金は低金利政策によって、預金しても利息収入はほとんど見込めません。また、景気低迷が長期にわたった事から、将来への不安や銀行倒産のリスクなどを考え、現金で貯蓄している方が多いです。このような懸念は最近の景気浮揚にともない徐々に薄れつつあり、貯蓄を投資にまわし利益を得ようとする方が増加しています。投資先として人気なのが不動産関係の投資で、特に賃貸物件を保有し経営する方が、幅広い年齢層で増加中です。賃貸経営はリスク管理していれば、失敗のリスクが少ない投資先として知られており、参入する方が増えています。近年では家賃債務保証というサービスが誕生し、大家としての業務やリスクが大幅に軽減されると、投資家に喜ばれています。家賃債務保証は入居者に代わり保証会社が家賃債務を、大家に保証するサービスです。一般的には入居者と保証会社間で契約が結ばれる為、大家側の経済負担はないに等しく、便利なサービスとして知られています。賃貸経営をスムーズに行なうには、入居者からの滞りない家賃収入が必須で、リスクマネジメントとして重要課題です。家賃債務保証サービスを活用する事で滞納リスク減少のほか、徴収作業も省けるなどの利点があります。入居者は保証会社間と金銭契約を結ぶ事になりますが、入居者にもスムーズな入居が可能になるなど、一定のメリットがあります。今では半数以上の物件で、家賃債務保証会社との契約が入居条件として定められており、入居者が減るなどのデメリットは心配いらないでしょう。